地域によっても金額が変わる!?チケット買取の比較。

チケット買取の比較は、色々な場面でみることがあります。
その比較内容は様々ですが、今回は換金率に焦点を当ててみてみたいと思います。

チケットの買取は、お金をもらえるだけではない

チケットの換金率は、1%の差という事は良くある話です。
買取をお願いした場合、できれば高額で買取してもらいたいですが、例えば1000円の金券を98%で買い取るお店と96%で買い取るお店の場合、あと比較する事項は、交通費や通信費、手数料の類になります。
20円の差は小さくないかもしれませんが、遠方まで足を延ばした時点で、20円以上つかってしまいますし、送料無料なのか、送料負担なのかで100円近く違ってきます。
買取金額のみを比較している場合は非常に多いですので、比較サイトを見た後に、公式の金券ショップのサイトで確認をすることは大切です。

金券の種類によって換金率は違う

どのような商品でもそうですが、人気のある商品は、ある程度高額でも売買されますが、価値があっても、世間でその価値を認められていなければ、過剰在庫になるため、安く買いたたかれるという現象があります。
もちろんチケットや金券も同様です。
映画のチケットやテーマパークのチケットは、人気によって中古売買の場合、金額が違ってきます。

地域によっても換金率が違う

同業の会社で、突出したサービスをすることで利益が出せる業種と出せない業種があります。
もちろん談合はいけませんが、相場と言うのは大体、地域によって同じようになる理由はお互いが利益を出せるギリギリでもあり、他の部分のサービスで集客を図ることが多いからです。
ガソリンスタンドがわかりやすい例だと思います。
原油価格は動かせませんンから、地域の相場は大きく変わりませんが、都心と田舎では料金が違うという例をよく見ると思います。
ガソリンもそうですが、ネット社会の現在では、全国のチケット買取の換金率を調べて公表、比較しているサイトもありますから、送料を考えても高額になる場合、高い換金率の地域へ買取を依頼するという手段もあります。

換金率には幅がある

もちろん1000円の金券を換金する場合と、100万円の金券を買取する場合の換金率は違います。
まとめて商品を安く手に入れることで、売れる商品であれば、正しい在庫を持てることになりますからお店側としても助かります。
商品券1枚を売るときに換金率の幅の低い率になるのはそのためです。

Follow me!