本はイマドキどうやって購入してる?本を買うときの節約術

だんだんと本や印刷物など、さまざまな活字が減っていく昨今ですが、本は印刷された紙派の人は根強く残っています。
電子書籍なども出ていて便利になっていきますが、紙派の人はどのように本代を節約していますか?
本を買うときの節約術を紹介しましょう。

ポイント還元のネットショップで買う

本をネットで購入する人は多いと思いますが、ポイントの還元率が高いショップで購入していった方が断然お得です。
ポイントを送料の代わりにしたり、新しい本の購入代金にしたりできますし、もしくは商品券などにすることもできます。
ポイントの還元率が良いところで購入すれば、その分お得になるのでショップを選ぶのもおすすめです。
またネットショップによってタイムセールが実施されていることもあります。

古本屋で購入する

古本屋さんを回り、中古の本を購入するのも節約術としておすすめです。
中古の本は若干黄ばんでいたり、汚れがあったりページに若干破れがあったりすることもありますが、たいていの古本屋さんはできるだけ汚れなどがないように気をつけています。
また絶版になってしまった本に出会えたり、さほど新品と変わらないような状態の本を買えたりと掘り出しものをする感覚もあるので、本を探す過程も楽しめるでしょう。
ただ、本の作者に還元したいという人は、古本の購入は向こうにとって利益にならないのであまり良いとは思えないかもしれません。

図書カードなどを金券ショップで買って使う

図書カードなどのチケットは、金券ショップで額面以下の換金率で販売されています。
近年は図書カードの利用が減っているとする人もいるらしく、図書カードが持ち込まれる数も変動があるそうです。
ただ、たいていの金券ショップには図書カードが置かれているので、それを購入して使えば節約になります。
おつりが出ないタイプもあるのでそれには気をつけて利用するようにしましょう。

まとめ

本はマンガなども含まれているので、あまり本を読まない人でもマンガは読んでいると言う人がいるかもしれません。
そういった人でも、上記の節約術は使えます。
もし使わない図書カードを買った場合は、逆に金券ショップで買取してもらえば現金を手に入れることもできるので、積極的に活用してみましょう。

Follow me!