高い換金率を見計らってチケットの買取をしてもらおう

手元に余分なチケットが存在するとき、買取してもらいお金を得たいと思う人も多いでしょう。
しかし種類によって、実は時期で価格が違う場合があります。
換金率が良い時期で売りたいでしょう。
時期で価格が違うチケットとは何か、換金率が良い時期とはいつかみていきましょう。

売る時期で価格が違うチケットとは

金券ショップでは多数のチケットが取り扱われています。
主に人気が高いのは新幹線の切符や商品券、ギフト券などです。
他にもあらゆる割引券等が取り扱われています。
旅行券もその一つです。
これは旅行会社が発券しており、使うと代金を値引きしてもらえます。
近年では景品に用いられたり、プレゼントとして選ばれたりします。
しかしこうしたチケットが手に入っても利用しない場合、買取をしてもらうことができます。
しかし旅行券は時期で買取の換金率が変動しやすいので、いつ売るのかを自分自信でしっかりと見極めなければなりません。

換金率が良い時期とは

旅行券の換金率が良いときとは旅行シーズンになる少し前です。
シーズンになると当然ながら旅行に行く人が増えます。
少しでも旅費を安くすませたい人が金券ショップでチケットがないか探すことが多く、ニーズが高まるのです。
そのためシーズンをよりも少し前に売れば通常よりも良い価格で売れるのです。
具体的には旅行客が増える春休み、ゴールデンウイーク、夏休み、年末年始の1ヵ月ほど前換金率が良い時期になります。

換金率が低いときは自分で消費しよう

旅行券は時期で換金率が異なります。
シーズンの前には良い値段で売れますが、それ以外は価格が高騰しづらく、ニーズがあるときを狙ってチケットの買取を依頼することをおすすめします。
しかしあまり知られていない会社の旅行券はそもそもニーズが少なく、価格が高騰しやすい時期でも換金率が上がりません。
このような場合は換金率が低いと7割程度にしかならないこともあるため、どうしてもお金にしたいという方以外は、自分で消費することをおすすめします。

まとめ

チケットの種類によっては売る時期違うだけで換金率が変動します。
中でも旅行券はシーズンでニーズが高くなり、この少し前に売ると通常よりも良い価格で買取してもらえることが多いです。
しかし、大手の旅行会社以外の旅行券はシーズンの前でも換金率が高まらないため、低いときはどうしてもお金を得たいという人以外は自分で消費することをおすすめします。

Follow me!